読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sowaca

Selfeeling Pilates®インストラクターtoco.のblog

Selfeeling Pilates®認定インストラクター。
中野Pilates Studio Soleilにて レッスンを開催しています

こころと身体と魂をひとつに、広く深くおもしろく☆生きていきましょう◯


sowaca HOMEPAGE 【space-sowaca】
                                                                              

触れる◎

 

今日は東京は雨でしたね。

たくさん降って、でも跳ね上がるほどではなくって、朝、外来センターに向かう途中、つやつやの道路や濡れた葉っぱの色の濃さ、空気のしっとりとした広がりと一体化しながら歩きました。

気持ちよかった。。。。幸福。

 

 

 

最近触れることについて改めて感じています。

 

 

セルフィーリングピラティスのレッスンでは、ハンズオン(クライアントさんの身体に触れて、姿位を調整したり、筋膜を少し伸ばしたり、気づきをあげること)を行うのですが、昨年からいろいろと思うところがあり、触れることについて、研究中です。

 

ときどき、ハンズオンする前に、ハンズオンされたあとの状態になってらっしゃる方がいて、あれはどういうことなんだろう?

おおー、と思って、そこはもう触りません。

 

 

ハンズオンするときには、この組織のライン。とか、この関節。とか、限定しています。まだまだぜんぜん、勉強中ですが。。。

 

 

 

どんな場面でも、触れるというのは、お互いがまるごと伝わるので、、、というか、肉体という、お互いの間の境界線が鮮明になるので、意図ははっきりとシンプルにしていたいと感じます。

 

 

私はレッスンに限らず、触れて施術する立場のとき、手がものすごく熱々になってしまうのと、エネルギーの特性的に、相手の方が寝てしまわれたり、ぼうっとされたりすることが多いです。

 

 

昔は、寝てくださるのはリラックスされたからだと思っていたのですが、今ここにいてくださることによって、身体と心が本当に安心して変化することができるのを目の当たりにすることが多く、自分自身の意識はなるべくシンプルに、手を当てる意図をクリアな軸にしているように心がけています。

 

(あれれ!?っててんぱったりすると、意図はちらかって雑になるので。。。日々精進です)

 

心地よく眠ってしまわれても、もちろんそれはそれでよいのですが◎

自宅に帰られたとき、ぐっすり眠れますように。。。と思っています。

 

 

 

 

触れ合うことが不快に感じる方や、好きな方もいらっしゃいます。なにが触れ合うのか、そこを観る方もいらっしゃいます。それぞれの感覚があるので、

 

触れることに対する繊細な感覚を忘れないようにしようと思う日々です。

 

手のひら(行動)も、言葉も、感情も。

 

 

 

 

 

 f:id:ootoco87:20170411194202j:image

 

施術を受けるって、「何かをされる」ってことじゃないんだって思うから、そうあれるように。。。日々精進。