sowaca

Selfeeling Pilates®インストラクターtoco.のblog

Selfeeling Pilates®認定インストラクター。
中野Pilates Studio Soleilにて レッスンを開催しています

こころと身体と魂をひとつに、広く深くおもしろく☆生きていきましょう◯


sowaca HOMEPAGE 【space-sowaca】
                                                                              

ピラティスレッスンについて◎

◯セルフィーリングピラティス®◯

 

身体とこころをつなぎ、より自由に動けるようになるアクティブケアのメソッド

 

続きを読む

いいこと。

NOと言う前に。

 

NOと伝える場面は、しばしば誰にもあるものです。

 

ニュートラルに伝えられたらいいのですが、、得てして、yes、は言えてもnoはなぜか難しいもの。。。

 

 

そして、《そういう場面にだけ》、毅然と、ニュートラルにNOと言うのはますます難です。

 

 

noということが大切ではなく。うまく切り抜けたり、うまくお断りできるかどうか

でもなく、、

 

すべて必要なことを伝えあっていいよ、と、自分と相手を許せているかな?というところが大切。。◯

 

 

以前、わたしにとってどうしてもNOなことがありました。

そこで、《わたしのNOで、全体のスケジュールや空気感がおかしくなってしまうかも、、》

と考えました。

そしてNOを言わずに、うやむやにその場を離れました。

 

彼らのスケジュールや空気感を壊したくない、つまり、そこに自分もいたいと思いながら、

 

 

今現在、彼らが纏う空気感を、考え方を、じつは心地悪く感じている自分に気づきました。

 

だから、

あの人は◯◯だから、とか

こういうとこあるからこうなりたいんだろうね、スケジュールはこうだから今のこれも必要よねー、なんて、相手を分析していたのです。

 

じぶん自身への違和感を解消するために。

 

 

気持ちはなんだか小部屋にきゅうきゅう詰めのように狭苦しく(やってる感はある)

 

ああ、わたしは彼らの空気感に、嫌悪と、なにより愛着を持っていて、なにかに所属して、OKをもらいたくて、愛着を受け入れられることが、楽しいんだなぁ。

 

そう気づいたとき、

愛着が、少しずつ解放されていくのを感じました。

 

 

わたしたちは、仲間とともに生きる生命体です。

 

いっぽうで、

仲間なしには生きられないと思うほど、異和を創り出す生命体です。

 

あなたをうしなっても、出会うときには、必ずまた出会える。いつわりなく。

 

 

 

他への責任として、

そのことにだけ責任を持つことは、

すべての現実的な言動、働きがくっきりと軽やかになります。

 

 

そして、じぶんへの推進力がごまかせなくなります。

 

 

 

 

まずは、、いつでも、NOでもYESでもどちらでもなくても、いいのです。

 

あらゆるちからを、じぶんを愛し、癒し、育てるために使っていいのです。

 

 

 

 

そしていつか、

なにかを目的に、わたしを向き合わせることはやがて終わり、今がその和だと生きることが、起こるかもしれません。

 

 

それは終わりでもはじまりでもありません。。◯

 

 

 

f:id:ootoco87:20170624183619j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫なこと。

こんなことでいいのか。

しっかりやらなきゃ。

 

その決まりがいつも、大きくなったり小さくなったりしながらじぶんを監視しているとき。

 

ある意味人は、優しいのかもしれません。

 

でも、監視がおわるとき。

なにか好奇心、どっちでもいいけど、へー。

のような軽い感じになりゆくと、

 

大きな優しさが、じぶんも世界も包んでいたじゃん、と気づくかもしれません。

 

私たちは全員が、メッセンジャーです。

 

メッセージはすべて違い、すべてが必然です。

 

だから、どのメッセージが、価値があり、どのメッセージは変わらないといけない。

そもそもそんなこといりません。

 

 

あなたはあなたのメッセージでいればいいだけ。

 

受け取ってもらうために、必要なものはなく、必死さやまじめさ、優しさも、あってもいいし、なくてもいいだけ。

 

 

大丈夫👌

 

 

大丈夫、が、なめらかに軽やかに、今受け取り合う出会いをつれてくるからね。

 

 

f:id:ootoco87:20170517101952j:image

 

 

 

 

可能性。

お久しぶりの方がレッスンにおいで下さいました。

 

今年はカイロプラクティックインターンのためにレッスン開催日を減らしていて、中々予約できなかったよー!とのことでゴメンなさい💦

久しぶりにゆっくりお顔がみれてとてもとても嬉しかったです。

 

スタジオでは時々ちらりとお会いしていたMさん、今はインストラクター養成コースに参加準備中なのです。

 

いつも直感豊かに表現されていて、感じる楽しさを知っているすてきな方。

 

お久しぶりのレッスンで、足セラピーをする際、、あれれ?!

 

足のかたち変わりましたね。

 

 

初めて来られたときの、

外を向いて傾いていたかかとが、まっすぐに立ち、

床についていた土踏まずがふんわりとアーチを描き。

ちぢんでいた指はすーと伸び始めていて。

 

 

Мさんも、「そうだっけ!?あーそうだったですね。忘れちゃってた~」とのこと。

いーよいーよ、ちょう最高ー!と大笑いました。

 

きけば、毎日おうちでテニスボールリリースをされたり、ミカサボールリリースされたりしているそうです。

 

根を詰めると疲れて続かないから、テキトーな日は超テキトーなんです!と笑っておられました。

 

うんうん、それって変化にはとっても大切なことですよねー。

 

Мさんは、「心地よくなる」ということを感覚でぱしっと掴んでは、やってみる(表現)。そんな、フットワークの軽さがあるのです。

 

養成コースで、どんなふうに変化されるのか、少しだけ、一緒に参加するような気持ちもあって、とっても楽しみです。

足裏アーチ以上に、身体がこれからどんどん変化していきますね。

 

 

これらのことは、たぶん、

どんな自分でありたいか。

そこから発生しているのだなあと思います。

 

それを外界に表現することが、変化です。(身体って、世界との境界線でもあるからね)

 

内側だけのことでもなく、外側だけのことでもない、その「わたし」を、ぱしっと感じて表現していけたら、、、

 

可能性は、かならず現実になるものだって思います。

 

 

f:id:ootoco87:20170510125428j:image

 

 

Мさんの足うれしくて撮っちゃった。

(掲載許可をいただいております◎)

 

 

 

リセット®︎グループセッション開催します

リセット®︎体験グループセッション開催します◎

 

やりたいなーとあたためていた、リセット®︎のグループセッションを開催することにしました。

 

【リセット®︎体験グループセッション】

日時→5月28日(日)13時〜14時

料金→4000円

会場→JR中野駅南口徒歩2分

           ピラティススタジオソレイユ

詳細、ご予約はこちら◎↓↓↓

【Toco’s Blog】久々、グループレッスン開催します◎ | ピラティススタジオ ソレイユ 

 

 

 

5月は長期休暇があったりして、身体は実はアップダウン。

日常のペースが変わると、たまっていた疲れが出てきたりも。

 

 

リセット®︎は、身体と心がつながるメソッド。

そこにはなんとも自然で、かたよりない安心があって、きっとたくさんの方々へ、生きることのパワフルなサポートになるなあ、と感じます。

 

 

 

じぶんはこれでいいし、毎日ちゃんとやれてる。

その、かちっとセットされた考えにおさまりきれず、揺らいでいるのが、長引く風邪であったり、慢性的な頭痛など身体の不調だったり。。

 

そんな、心と身体のずれを、スッとひとつに。

 

こわばりが自然にほどけたら、前よりも、考えが実現するのが楽になります。

 

頑張っていたのは、わたしの思考だった?!

 

そう気づいたら、ちょっと笑ってさよならしましょう。

深めたり理由を考えなくても大丈夫なのが、リセット®︎の安全さのひとつ。

 

 

ハートを広げて、今ここに◎

 

 

 

f:id:ootoco87:20170502092019j:image

 

 

 

 

しっとり。

落ち着くことは、終着点ではありませんし、

心地よさも、そう。

楽しさも。

悲しさも。。

 

 

でもどこかに、居なければ、

この表現自体に、《投げ出される》ような気持ちが始めはして。

溢れるなにかをひとつずつ、観よう、掴もうとして。確信を得ようとして。

 

 

感動が次の波を呼び、

成果が次のダイブを、わからせてくれるような気にもなって。

確かな気がして。。。

 

 

 

 

 

自分に、感じていいと許すと、たくさんの表現が突入してくるかもしれません。

 

時に、人生では、

否が応でも突入してくる表現があります。

誰かをうしなうこと、なにかをうしなうこと、痛み、悲しみ、それらは、

誰かを得ること、なにかを得ること、

悦び、喜び、と

まったくセットで、、、

 

それらは、予期して準備していたり、予想外であったり、でもあまり変わりないかもしれません。

 

 

身体にある、ことは

それらを眺めることへ向かいます。

 

 

様々な表現で私たちは永遠を体験します。

 

 

終わりと始まりが

永遠だと気づくと

 

今が、ただ今をあることが

あらわれるかもしれません。

 

 

 

 

 

 f:id:ootoco87:20170420225638j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

触れる◎

 

今日は東京は雨でしたね。

たくさん降って、でも跳ね上がるほどではなくって、朝、外来センターに向かう途中、つやつやの道路や濡れた葉っぱの色の濃さ、空気のしっとりとした広がりと一体化しながら歩きました。

気持ちよかった。。。。幸福。

 

 

 

最近触れることについて改めて感じています。

 

 

セルフィーリングピラティスのレッスンでは、ハンズオン(クライアントさんの身体に触れて、姿位を調整したり、筋膜を少し伸ばしたり、気づきをあげること)を行うのですが、昨年からいろいろと思うところがあり、触れることについて、研究中です。

 

ときどき、ハンズオンする前に、ハンズオンされたあとの状態になってらっしゃる方がいて、あれはどういうことなんだろう?

おおー、と思って、そこはもう触りません。

 

 

ハンズオンするときには、この組織のライン。とか、この関節。とか、限定しています。まだまだぜんぜん、勉強中ですが。。。

 

 

 

どんな場面でも、触れるというのは、お互いがまるごと伝わるので、、、というか、肉体という、お互いの間の境界線が鮮明になるので、意図ははっきりとシンプルにしていたいと感じます。

 

 

私はレッスンに限らず、触れて施術する立場のとき、手がものすごく熱々になってしまうのと、エネルギーの特性的に、相手の方が寝てしまわれたり、ぼうっとされたりすることが多いです。

 

 

昔は、寝てくださるのはリラックスされたからだと思っていたのですが、今ここにいてくださることによって、身体と心が本当に安心して変化することができるのを目の当たりにすることが多く、自分自身の意識はなるべくシンプルに、手を当てる意図をクリアな軸にしているように心がけています。

 

(あれれ!?っててんぱったりすると、意図はちらかって雑になるので。。。日々精進です)

 

心地よく眠ってしまわれても、もちろんそれはそれでよいのですが◎

自宅に帰られたとき、ぐっすり眠れますように。。。と思っています。

 

 

 

 

触れ合うことが不快に感じる方や、好きな方もいらっしゃいます。なにが触れ合うのか、そこを観る方もいらっしゃいます。それぞれの感覚があるので、

 

触れることに対する繊細な感覚を忘れないようにしようと思う日々です。

 

手のひら(行動)も、言葉も、感情も。

 

 

 

 

 

 f:id:ootoco87:20170411194202j:image

 

施術を受けるって、「何かをされる」ってことじゃないんだって思うから、そうあれるように。。。日々精進。